製品案内 屋内測位システム

BLEを使用した測位システムの活用

iBeaconとは

iBeacon(アイビーコン)は屋内測位システムにおけるApple Inc.の商標。
Bluetooth Low Energy(BLE)を使用してビーコン端末とiOSデバイスが通信使位置情報を得ることができます。
ble

iBeaconで実現できること

近距離の位置が正確にわかる

Beacon端末から数cm~数m程度までの距離を正確に把握できます。

アプリを起動していなくても使用できる

対応するアプリをインストールしていれば、アプリをきどうしていなくてもBeacon端末と通信が可能です。

アプリを工夫すればさまざまなことができる

Beacon端末との通信で「ユニークなID」と「どれくらい離れているか」がわかります。
プッシュ通知でユーザーにお知らせを配信したり、どのルートを歩いたかログ(行動履歴)を取ったり、アプリを工夫することで可能性が広がります。

koudourireki

導入例 店舗に配置する

プッシュ通知で来店・購入を促す

入口に設置したビーコン端末から、通りかかった人へプッシュ通知を送信。
クーポンやセール情報を送ることで、来店するつもりがなかった顧客にもアピールが可能です。
また、実際に来店してくれた顧客には、店内のビーコン端末から来店ポイントを付与したりできます。

ログの収集にも使える

店内に数カ所設置して行動履歴ログの収集が行えます。人気のコーナーがわかるなど、今後の営業戦略に役立てることもできます。
ble2

その他の導入例

観光地のスポット情報をお知らせ

その場所にちなんだ情報を表示したり、近くの見どころをプッシュ通知でお知らせ。

スタンプラリー

スポットに近づけばいいだけで面倒なこともないので、普段関心を持たない層にもスタンプラリーに参加してもらうことができます。

利用条件

iOS7以降

Beacon端末とアプリはセットで用意する

対応するIDを持ったビーコン端末としか通信できないので、専用のBeacon端末を用意し、アプリを開発することが必要です。

Bluetooth、位置情報サービスをONにする

Bluetoothと位置情報サービスをONにする必要があります。Beacon端末とのパリングなどは必要ありません。